【恋愛3Q】男の恋愛力を高めるための三つの資質とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

この記事を読んでいるあなたは、恋愛の努力をされている向上心ある方だろう。

でなければ、LVSのサイトに辿り着くこともなかっただろうし、

忙しい中、こうして記事を読む事もないからだ。

 

世の中の男性の多くが恋愛のために努力しているのに、

なぜ自分の望む恋愛の成功を手に入れられていないのか。

 

今日はその問題を解決するための最も大枠の考え方として、

恋愛のTriple Quality理論(恋愛三資質理論:恋愛3Q理論)

をご紹介しよう。

 

あなたの恋愛の問題はこの三つの資質IQ,EQ,BQのどこかに存在している。

何処で足が引っ張られているのか、恋愛3Qに分類して考えてみると整理しやすくなる。

 

やみくもに恋愛商材を買っている人(ノウハウコレクター)は、特に注意してほしい。

IQだけの頭でっかちになって、EQ、BQが全くダメダメ、というケースはよくある。

いままでの自分の恋愛力に認識していなかった”穴”があることに気づくことがまず大事だ。

 

 

恋愛3Q理論とは

IQ(知能指数)、EQ(感情指数)という言葉はご存知だろうか。

これらはすでに市民権を得て久しい。

恋愛においては、IQはテクニック、EQはマインド、に対応している。

これらの知能、感情能に加えて、恋愛身体能力も考慮すべきだ。恋愛身体指数、いわばBQである。

これら3つ合わせて三つの恋愛資質(恋愛3Q)と呼ぶことにしよう。

 

 

 

恋愛IQとは

恋愛IQは、恋愛商材を読むなど恋愛知識情報をインプットすることで成長する。

・外見に気を使わなければならない、
・ファッションに気を使わなければならない、

などの第一印象系はもとより、

・会話の内容、
・デートの場所、
・連絡の取り方、
・口説きの流れ、
・女性の反応を読む判定知識、

などなど、
無数の恋愛テクニックがある。

これらの知識は、学習しようとすればいくらでも取り入れることができる。
(問題は実践と習得なのだが・・・)

一般的に、恋愛の努力というのはこの恋愛IQを高めることとイコールだと
思い込んでいる人が圧倒的に多い。

もちろん、恋愛IQも大切だ。

デートに連れて行く店は、その女性を口説き落とせる成功率が高いほうが好ましい。

デートで盛り上がるためには、様々な会話ネタや会話テクニックを使いこなせるほうが好ましい。

ただ、俺はとある日本最大の恋愛塾に所属して、星の数ほどの男性を見てきたが、恋愛IQだけに集中している人=ノウハウコレクターを多数見てきたのも確かだ。

恋愛IQをいくら向上させても、他の2つがなければ片手落ち、いや半身不随落ちなのだ。

 

恋愛EQとは

恋愛EQは、恋愛に関するあなたの心の姿勢だ。

恋愛EQは、人と接したり、経験を得ることで、変化のきっかけを得ることができる。

恋愛関係の情報で、よく「マインド」が大事だという発言にであうだろう。

マインドは、その重要性が叫ばれる割には実際にどうやって改善していけばいいのか方法が提示されることがない。

 

恋愛EQは、そのために必要な努力をしっかり集中して行わなければならない。

 

恋愛EQは、恋愛IQを磨いて実践を繰り返していく途中で自然と身につく人と、そうでない人に二極化する。

残念ながら、後者(そうでない人)の場合、恋愛IQだけを溜め込んでいくノウハウコレクターで終わってしまう。

 

恋愛活動を続けているときっかけがあってマインドが激変する、というのはよく聞くし実際にあることだが、これは、様々な要因が絡み合っている事が多い。

  • 女性に嫌われるのが怖かった人が、いざ嫌われてみたら全然たいしたことがなかった
  • 女性を大事にしなければならないというシナリオを持っていた男性が、いざ浮気をしてみたら、ますます女性にモテる体験をして価値観が変わった
  • ナンパなどで超短期間に女性と深い関係になったことで、女性がこんなに簡単に体を許すのかと、既存の価値観が崩壊した
  • 女性を神聖視する価値観を捨て去った

などなど、今までの自分ではありえないと思っていた体験を(まぐれで)経験すると、EQが大幅に変化することがある。

 

ただ、上記のようないわば「宝くじ的体験」を除いた普段の努力も必要だ。

普段の努力では、恋愛部分のみについて限定的にマインド改善しようとしても無理である。

「人生観全体に関わるなんらかの価値転換」=いわゆるパラダイムシフト

が必要である。

そのためには、恋愛に限らず、経験の幅を広げる必要がある。

  • とにかく外に出ていろいろな物事を見て感じたり
  • 人と会って違う価値観から刺激を受けたり(LVSに来てくれているのもその一つだ)
  • それこそ普段行かないような場所へ旅行に行ったり(アフリカとか)
  • くだらないテレビや動画ではない本や映画を通じて人生観を考えたり

ちなみに俺は、2つの経験でマインドを大きく変化させた。

  • とある方に直接の恋愛コンサルを受けた
  • 7つの習慣を読み、生活に取り入れた

 

恋愛BQとは

恋愛IQと恋愛EQはどちらも大切だ。

しかし、この2つを磨いても、どうしてもあなたの恋愛がうまくいかないとしたら、残された一つの資質に問題がある。

 

それが恋愛BQ(恋愛身体指数)である。

 

恋愛BQは何かと言うと、「恋愛活動における身体の振る舞い全般に関わること」だ。。

 

恋愛BQが低いと、いくら高等な恋愛テクニックを使っていても、いくら相手の心に寄り添っていても

「なんか違う・・・」

「なんかキモい・・・」

と思われてしまう。

 

恋愛BQを向上させるには、身体に直接的に様々なアプローチをする必要がある。

・姿勢(立っているとき、歩いているとき、座っているとき)、
・動き、
・視線、
・声の量や質、など、

「五感に関わる全て」について

女性からNGを喰らわないように気を配る必要があるのだ。

もちろん、性行為やボディタッチも、恋愛BQの一つである。ちなみにこのあたりでNGを食らうと、変態扱いされるので注意だ。

 

一例として、女性から非常に受けの悪いクセに、爪噛みがある。

爪噛みは、キモさの象徴として嫌悪される。

IQで知識を得ても、EQでマインドを変えても、爪噛みが治るかどうかは運を天に任せるしか無い。

爪噛みは爪噛みを治すための即効性のある治療が必要である。

必要なら病院に行ったほうがいいかもしれない。専門家に依頼スべきだからだ。

他にも、例えばワキガならさっさと手術すべきだ。

姿勢が悪ければ矯正バンドをする。

対面時の視線や声に問題があれば、IQやEQに原因を求めて遠回りするのではなく、さっさとなんらかの直接的な訓練をすべきなのだ。

実際に女性を目の前にして会話の訓練をし、フィードバックを受けたり、録音会話を採点してもらうなどだ。

 

まとめ

繰り返しになるが、あなたの恋愛の問題はIQ,EQ,BQのどこかに存在している。

何処で足が引っ張られているのか、いますぐ恋愛3Qに分類して整理してみてほしい。

 

今日の記事を読んで、いままでの自分の向上のさせ方に”穴”があったことに気づいてもらえれば非常に嬉しい。

 

 

今日は概要を紹介したが、今後はそれぞれの項目をどうやって向上させていくかを具体的に説明していくので、期待してほしい。

 

また、俺が使用して実際に効果のあった情報について紹介していきたいと思う。

ただし、俺の考え方として

必要な人の手元に必要な情報が届くこと

を重視している。

どの情報があなたにとって必要なのかは、あなたの恋愛レベルによって決まる。

恋に悩む男性必見!6つの恋愛レベル

紹介した情報があなたにとって必要のないものであれば、購入を控えることを促すかもしれない。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*