片思い中の男が「女心」をググると絶対に失敗する4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

片思いをしているあなたには、今回の記事は、かなり劇薬だ。

しかし、良薬は口に苦しというように、あなたの片思いを成功させるために

管理人の全力のエールを送るので、ぜひチェックしてほしい。

 

片思い中の多くの男性が陥っている罠

片思いをしている多くの男性がこういうキーワードで検索しているという事実がある。

女心

女性 心理

女性 行動

女性 好意

女性 好意 サイン

女性 好意 視線 見つめる

女性 気持ち 好き

それこそ何万人、何十万人という男性がだ。

 

こんなキーワードでググって出てくる情報を読んで

片思い相手の女心、女性心理を知ったつもりになっても、

はっきりいって役に立たない。

 

いまこの瞬間のあなたにとって、

現実世界であなたがモテるため、

「あなたが今この瞬間に片思いをしている好きな女性」と付き合えるようになるためには、

ググってでてくる情報は、はっきり言って全然役に立たない。

 

今すぐしなければならないのは、たったひとつだ。

あなたが片思いしている女性の行動言動反応に一喜一憂する自分を捨て去ること

コレができないのが、殆どの男の片思い恋愛が成就しない決定的な理由だ。

 

片思い中の女性の反応に一喜一憂している男性は、はっきり言って恋愛テクニックをいくら磨こうとも無駄だ

不自然なテクニック野郎が出来上がり、あまりにも痛すぎる男として

嘲笑とともに皆の記憶(片思い相手の女性も含む)に刻まれるだけだからだ。

 

 

片思い中のあなたへ、頼むからやめてほしいこと

あなたは、特定の女性のことが少し気になっているか、あるいは既に片思いの真っ最中で、

その女性が何を考えているのか、自分に好意を寄せているのかを知りたいのかもしれない。

 

もしそうなら、あなたがまっさきにやめなければならないことは、これだ。

ネットで「女性心理」「女心」を検索する愚かな行為

 

 

 

 これ、今すぐやめてほしい。

 

 絶対にやめてほしい。

 

 死んでもやめてほしい。

 

 

 

 なぜやめてくれと言っているのか?

 

 それは、ネットで女性心理をググっている今の状態というのは

 「いままさに片思い中の自分のまま」で変わらないまま、

目先のテクニックで治療法を求めている状態だからだ。

 

例え話をすると、

肺がんで入院している今その瞬間に、タバコを吸いながら、「肺がん 治療法」とググっている姿そのものだ。

 

 こういう人、はっきりいってバカだ。

 

 こういう人、救いようのないバカだ。

 

間違いなくあなたもそう思うはずだ。

いやいやいや、今すぐタバコやめろよ、と突っ込むはずだ。

 

 

しかし恋愛の世界のことになると、気づかない。

気づきかけても、片思い相手の気持ちが知りたいという欲望、本能が耐えきれずに、検索してしまう。

検索すれば、

なにか一発逆転の情報があって、それを見つければ

この片思いは成就するんじゃないか、

一発逆転の方法を使えば、片思い中のあの子が

俺の彼女になってくれるんじゃないか、

と考えてしまうのだ。

 

片思いを一発逆転させる情報を求めるその姿は、男としての頼りがいも何もない。

 

パチンコで大当たりを狙ってるのと同じだ。

(ちなみにパチンコも今すぐやめてほしい。そんなことしてる暇はない)

 

視点を変えなければ一生恋愛弱者のままで、

決して実ることのない片思いをし続けることになる。

 

理由1:片思いはするものではなく「させる」もの

あなたはなぜ「女性心理」をググったのだろうか。

  • 片思い相手の反応がいいような悪いような、よくわからない感じがするから

こんなところだろう。

はっきり言おう、調べても無駄どころか、却って害になる

 

なぜか?答えは簡単だ。

 

 

片思いは、するものではなく、相手にさせるものなのだ。

貴方は、どうすれば相手が自分に片思いするように仕向けられるかを、

常に常に考え続けなければならない。

 

酷いことをしているように聞こえるだろうか??

それは完全なる誤解だ。

片思いを作り出すことは、その女性を喜ばせることになる。

女性にとって片思いこそが最高の恋愛の形の一つだからにほかならない。

 

あなたは女性心理を知りたいと気になって調べ始める前は、その女性に自然体で接していたはずだ。

自然体の優しさや自然体の強さを持って接していたはずだ。

それを続ければいいに過ぎない。

 

その女性のことが気になり始めて、

いままでよりもちょっと相手の反応が冷たくなった瞬間に

あなたは片思いの魔法にかかってしまったのではないだろうか。

 

反応が良かろうが悪かろうが、

あなたは何もせず、今までどおりに接していればいい

ようするにテクニックなど必要ないということだ。

 

女性があなたのことを本当に好きなれば、多くの場合、自動的に告白してくるだろう。

あなたの単なる勘違いなら、当然、告白はしてこないだけだ。

今、貴方がすべきなのは、相手の反応を見て攻めることではない、

今までの自分をキープする守りの姿勢だ。

 

そもそも、わけの分からない恋愛テクニックを途中から入れ込もうとすると極めて不自然になる。

うまくやろう、うまい方法はないか、そういう卑しい心を今すぐすてて、

テクニックにこだわる前にその女性と築いた関係性・信頼関係を深めればいいだけだ。

大体、うまくいきかけている相手に対して使ったこともない恋愛心理・恋愛テクニックを試そうとするのは、

前例のない外科手術方法を最愛の恋人に試してみよう、と思っているのと同じことだ。

失敗するかもしれないリスクを全く考慮せずに、

単に自分の不安をまぎらわせたいがために

テクニックに頼るのは、絶対にやめなければならない。

 

 

理由2:恋愛心理学・恋愛テクニックは片思い相手に上手に使えなければ単なるリスクでしかない

女性心理を知ったとしても、片思い中の女性に対して、

いまのあなたではどうせちゃんと使えないからだ。

 

そもそも、正しい恋愛テクニックが書いてある情報が極めて少ない。

しかも恋愛テクニックは、タイミングや関係性によって、使っていい場合とそうでない場合がある。

そんなことを説明している記事は殆ど無い。

 

仮に、正しい恋愛テクニックが100個に1つまざっていて、

それを運良くまぐれで片思い中の女性に使う機会があったとしよう。

しかしこれは、三歳児がリボルバーをぶっ放そうとしているようなものだ。

ネットに書いてある玉石混交の恋愛テクニックを

実際に使ったことがないのなら

あなたは自分が恋愛三歳児であることを認めてほしい。

 

もちろん、現時点では、ということだ。

今からあなたの恋愛力は間違いなく向上する。

 

しかし、”現時点では”、この記事の条件に当てはまっている”この瞬間”は、恋愛三歳児だ。

恋愛テクニック=リボルバーをぶっぱなしたところで、片思い相手の女性にはかすりらせずに、暴発して自分が甚大な怪我を負うのがオチだ。

非常に危険な恋愛テクニック=恋愛核兵器を誤って投下してしまい、

その片思い中の女性との関係が崩壊するのみならず、

あなたが危険人物扱いされて

所属するコミュニティから追い出される可能性だってある。

ちゃんと使えないのに危険な兵器をいじくり回すのはもうやめよう。

 

理由3:女性が書いた恋愛アドバイスは絶対に当てにするな

女性心理をネットでググルなと言っているにも関わらずググってしまう愚かなキミに、

現時点で絶賛片思い中のあなたにできる有効なアドバイスを送ろう。

 

記事を書いている人物が男なのか女なのかを見極めてほしい。

(正確には男でもフェミニストが書いた記事は女性筆者と同じだが)

はっきりいうと、女性恋愛ライターが書いた女性心理の記事は、”男性にとっては”極めて劣悪な情報にしかならない。

その女性ライターの脳内願望が書いてあるだけだからだ。

 

残念ながら、女性は抽象化思考が苦手だ。

これは女性が男性より劣っているとかではなく、スキーが得意かスノボが得意かという得意不得意のジャンルの違いにすぎない。

そうはいっても、ともかく、脳科学的にも女性は抽象化思考が苦手だ。

 

だから、その女性ライターは、

「女性(=私および私の友達)の心理はだいたいこんな感じだ」

という記事を書いている可能性が高い。

 

心理学的な裏付けを紹介していることもあるだろうが、

コレは単にその女性の意見を肯定する細切れの情報をあつめて、

根拠にしているに過ぎない。

 

体型化されていないめちゃくちゃな情報なのだ。

男の恋愛に使える価値のある情報など無い。

はっきり言おう、まったくない。

 

理由4:片思い相手の女心を知りたいとググる自分がどれほど女々しくてカッコ悪くて惨めで情けないか

片思いをしている相手の気持ちを知りたい、それは自然な考えだ。

「相手の気持がわかれば、どうすればうまくいくかわかる」と思っているのだろうが、それは間違いだ。

片思い相手の女性があなたのことを好きじゃないと判明したら、どうしたらいいかわかっているだろうか。

わかっているはずがない。

片思い相手の女性があなたのことを好きだと判明したら、どうしたらいいかわかっているだろうか。

何も考えずにストレートに告白すればいいと思っているなら、あなたは何もわかっていない。

 

結局のところ、いくらググっても、現状を打開するような特効薬は見つからないのだ。

片思い中の苦しさに耐えきれず、

単に「知りたい」という欲求を満足したいのが我慢できないだけだ。

そして、ググってでてくる恋愛テクニックの殆どは、

貴方の片思いを破滅へと導く可能性が高い。

いままで使ったことのない拳銃=恋愛テクニックを振り回し、

暴発して片思いを木っ端微塵にしまうことになる。

 

知りたいという欲求は人間の本能の中でもかなり強い。それに抗うのはかなり困難だ。

生半可な我慢や説得ではなんの効果も出ない。

片思い相手の女性の言動行動に一喜一憂して女性心理を知りたがる

今の姿が客観的に最悪だということを、今オレがこうやって批判的に伝えるしか無い。

 

もし少しでも気づければ「こんな自分はもう嫌だ」とあなたの目が覚めるハズだと信じている。

気づくまで何度でも言う。

  • 片思い相手の女性の心理を知りたい、
  • 片思い相手の女性の気持ちを知りたい
  • 片思い相手の女性の自分に対する好意がどれくらいあるのかを知りたい

と欲する自分が”みっともない”と気づいているだろうか。

 

 

あなたは今ものすごく”みっともない”。

絶望的に”みっともない”。

はっきり言ってキモい。

コレが真実だ。

残念ながらコレが真実だ。

片思い相手の異性の気持ちを計って、

ウキウキドキドキしたいというのは

男の恋愛には許されていないのだ。

 

誰も教えてくれなかっただろうが、コレが真実だ。

片思い相手の女性の行動言動に一喜一憂して女性心理を知りたがる今のあなたは、女々しい・キモいのだ。

ここまで糞味噌に言われてもなお「俺は女々しいままで生きていきたい」という人には、俺はもう何も言うことはない。

 

片思い相手の反応を気にするのをやめろと言ってるのにやめないのはなぜ?

  • 片思い相手の女性心理を知りたがるのをやめろ
  • 片思い相手の女性の行動言動に一喜一憂するのをやめろ

こういうふうに強く言っても、決してやめられない男が大半だ。

なぜか?

それは、単にそういうことをしている時間が「快感・気持ちいい」からだ。

薬物中毒と同じである。

片思い恋愛中毒である。

片思い相手の女性に心を揺らされることが気持ちよくてたまらないのだ

ベッドで片思い相手の女性のことを考えて悶々とする自分がたまらないのだ。

片思い相手の女性心理を知ってうまくやってやりたい、

というひもじい、卑しい、下流の思考と合わさって、

救いようのない片思い恋愛阿呆が出来上がっている。

調教された家畜のような状態だということに気づいているだろうか?

 

薬物治療と同じように、片思い恋愛薬物を経つには相当の困難が必要だ。

しかし、片思い恋愛の治療を施して、女性の姿に一喜一憂するのをやめなければ、

あなたの恋愛人生は終わり、恋愛人格は死ぬ。

ここを乗り越えれば、次は自己の向上へと進む段階へと進める。

地獄から人間界に移動することができる。

 

片思いに酔うあなたを、なぜこんなに激しくディスるのか

俺がなぜここまで激しくディスるのか、その理由は単純だ。

あなたがもし、ある軍隊の部隊長だったとしよう

弾丸が飛び交う戦場で、新兵が無防備に立ち上がって周りを見渡していたらどうするか

「何やってんだ馬鹿野郎!しゃがめ!伏せろ!」

と叫ぶに違いない。

 

理由を納得するまで説明している暇はない。

流れ弾にあたって死んでしまうぞ!危ないだろう!

という理由付けを説明している間に、弾丸が新兵の脳天を貫いてしまうからだ。

 

何もわかっていない新兵が、

何が危険かすらわかっていない状態で、無防備に危険な行動を取っていたら

全力で叱るのは部隊長の当然の行動だ。

 

片思い相手の女性心理を知りたがって一喜一憂する男は、新兵と同じなのだ。

  • 何が危険で
  • 何が自分のためにならなくて
  • 今自分がどこにいて
  • 一体何をやっているのか

そういうことが全くわかっていない。

一挙手一動作が命にかかわる状況下で

優しく諭している時間などない

「とにかく伏せろ!」

(そうしなきゃ流れ弾にあたって死ぬぞ)

理屈は後なのだ。

とにかく危険な行動をやめろと伝えなければならない。

 

 

やや過激な表現が含まれていたかもしれないが、

この記事はそういう性質のものだと理解してほしい。

 

じゃあ一体どうしたらいいんだよ、と悩む片思い中のあなたへ

片思い中の相手の反応を気にするな。

片思い恋愛をなんとかしようとして、ネットで「女心」「女性心理」をググるな。

片思い恋愛を成就させようとして、恋愛テクニックを使おうとするな。

・・・

いろいろな「やるな」を話してきた。

 

では、あなたは「じゃあ、一体どうすればいいんだよ!!」と叫ぶに違いない。

 

実は、片思いにハマってしまったあなたは、限りなく勝率の低い勝負を

しなければならないのだ。

先に好きになってしまったとしたら、貴方のこの片思いはほぼ敗北濃厚なのだ。

 

それでもなお、その片思い相手を彼女にしたいと願うなら

・・・

 

取るべき道は一つだ。

 

「あなたの好きという片思い感情を消し去ってから、

それからもう一度その女性へのアプローチに取り組むこと」

 

これが最も確率が高く、かつ安心な方法だ。

 

もしかしたら、貴方が好きという気持ちを捨て去る前に

その片思い相手の女性には、彼氏ができるかもしれない。

その彼氏は、貴方の知っている共通の知人かもしれない。

 

これは、あなたにとって耐え難い苦痛になることだろう。

というか俺自身そうだった。

 

しかし、その片思い相手の女性に対して今貴方が動いても、

あなたの気持ちが通ずる確率はけっこう低い。

そして、この配色濃厚の戦況で無理やり告白してしまえば

貴方はもう、その相手を口説き落とすチャンスを失ってしまう。

 

それよりも。

片思い相手の女性が、一度彼氏を作って、

彼氏が出来たあとも、その女性と今までどおりの関係を続けて

貴方は自分の男性的魅力を磨き(この期間に恋愛テクニックを訓練しよう)

彼氏と喧嘩したり、破局の危機を迎えた時に

彼氏の愚痴を聞いてあげられるほど仲良しの関係になったあなたが、

片思いをしていた女性のそばにいる。

 

それを目指すべきではないだろうか。

 

今のまま勝負に行っても決して勝てはしない。

真剣勝負に負けたら、次のチャンスがない。

(女性にとって貴方は振った男フォルダに入る)

 

ここは、勇気ある撤退をして、

次のチャンスまでに自分自身の魅力を磨ききるべきだ。

 

片思いで枕を抱えて悶てる男性たちへ

本気で恋愛成功を願うなら、どうか参考にしてもらいたい。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*