デート会話に必須のスキルの一つ「聞き上手」になるために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

デート会話に必要な会話スキルは様々だ。

とはいえ、初心者・初学者がいきなり高度な会話スキルを習得しようとしても、なかなかうまくは行かないだろう。

それはまるで、九九を覚えていないのに、大学入試出だされる高度な数学の問題を解こうとするようなものだからだ。

初学者は、今日からご紹介する「会話コントロールスキル」の向上に取り組んでみてほしい。

何事も基本を大事にしたうえで応用があるからだ。

 

会話コントロールスキルとは

これから紹介するデート会話スキルである「会話コントロールスキル」は、実は、三つの章に別れた会話スキル群の一つです。

会話スキルの全体像は下記の画像のようになっています。

デート会話スキルその壱は、話題作りスキルです。

デート会話スキルその弐は、今回からお話する会話コントロールスキルです。

デート会話スキルその参は、会話マインドスキルです。

 

今回は、「会話コントロールスキル」についてお話ししていきます。

※デート会話スキルの、その壱「話題づくりスキル」とその参「会話マインドスキル」については、後日別の記事でおはなしします。

 

「会話コントロールスキル」は、その壱「話題づくりスキル」をしっかりと使った上で行わなければならないものです。

料理に例えると、「話題づくりスキル」が素材・材料で、「会話コントロールスキル」が調理方法です。

 

なお、話題作りが苦手な方は、とりあえずコチラの記事をつかって話題を作れるように準備しましょう。

困った時に一瞬で会話ネタを作る3つのデート会話ネタ生成技術

 

「会話コントロールスキル」にもいろいろな項目があるのですが、まず初学者に習得してほしい『四大基本デート会話スキル』をお話ししていきます。

 

四大基本デート会話スキルとは?

四大基本デート会話スキルとして、俺は下記の4つを挙げています。

①インタビュースキル、

②プレゼンアピールスキル、

③リアクションスキル、

④ネゴシエーションスキル、

 

この4つはとても重要なもので、これらを覚えておくとほぼ、会話におけるコミュニケーションに困ることがないといっても良いでしょう。

 

全体構造は下記のようになっています。

 

この4つのスキルにおいては、どれが苦手かということを理解して、弱点をなくしていくのが良いです。

どれかに弱点があると、あなたのデート会話がどこかで失敗するリスクがあるからです。

 

四大会話スキルはそれぞれ非常に重要ですが、まず、インタビュースキルからお話していきます。

 

四大基本デート会話スキル:インタビュースキル

インタビュースキル=良い聞き役に徹する技術

①インタビュースキルとは、要するに女性の話を「訊く・聞く」というスキルです。

単に話を聞いてくれる人ではとどまらないようにするために、「良い聞き役に徹すること」がポイントです。

 

「この人私の話をちゃんと聞いてくれる」

「この人にはなんか話しやすい」

「この人なら打ち明け話もしやすい」

という印象を与えられるようにします。

 

聞き上手となるためのデート会話スキルであるインタビュースキルは、女性との関係を深めるどこかの時点で必要となる必須スキルです。

 

タイミングとしては、デート会話基本3フェーズにおける、序盤のフェイズ1~フェイズ2の中盤で使うことになります。

 

聞き上手な男性はモテる、とよく言われますが、これはある一面では当たっています。

 

女性の話を全く聞かない男は、嫌われます。

 

とはいえ、自分のことを全く話さない(というよりも話せない)男性も、それはそれで敬遠されます。

敬遠されると言うよりも、男性的魅力を感じてもらえないといったほうが正しいです。

 

聴くことと話すことは、車の両輪のようにバランスが大事なのです。

 

 

インタビュースキルに必要な技術

「良い聞き役に徹する」ために必要な技術として、下記のものがあります。

A1)深堀する技術、

A2)誘導する技術、

A3)興味・関心を示す技術、

 

これらをすべてまとめてご紹介すると記事が長くなってしまうので、記事を分けてお話していきます。

今日は、インタビュースキルA1)深堀する技術をご紹介します。

※ちなみに(A1)とか(A2)とかいうのは単に番号をつけているだけですので、特に意味はありません。

 

 

インタビュースキルA1 深掘り

まず1つ目の(A1)深堀ですが、これはいわゆる会話の内容を深堀していくというスキルです。

 

会話の展開の仕方を大きく分けると、

会話を広げる・転がす「水平展開」と

会話を深く掘り下げていく「垂直展開」と

があります。

 

インタビュースキルで必要なのは主に垂直展開となります。

 

水平展開というのは、例えば、果物という会話カテゴリーの内側で色々な果物を出して、「いちごはすき」「タピオカはたべたことがない」というように、バリエーションを広げていくことを言います。

※「カテゴリー」というのは「分野」だと思ってください。

 

あるいは、果物とは別の、食べ物というカテゴリーに話題を移したり、さらには家電製品や芸能人など様々な会話カテゴリーにどんどん移っていく展開方法です。

 

水平展開は、とにかく会話カテゴリーの数で勝負していきます。

水平展開は基本情報の収集にとても役立ちます。

しかし、女性のことを深く知っていくには水平展開では不十分なのです。

それに水平展開にはいくつか欠点があります。

例えば、水平展開は上手にやらないと「質問先行会話」になり、女性が疲れてしまいがちです。

また、あらゆることに精通している人間になるのは無理があるので、いつか自分が話せる会話カテゴリーが尽きてしまうことになります。

 

深掘り=話題の垂直展開

一方の垂直展開は、ピンポイントの対象を根掘り葉掘り聴いていくことです。

例えば、好きな果物がイチゴだとしたら、イチゴについての会話をトコトン掘り下げていきます。

イチゴ縛りでどんどん会話を深めていきます。

 

水平展開の会話は、どこに井戸を掘ろうか決めきれずにウロウロ、ふらふらとさまよっているイメージです。

 

一方、垂直展開の会話は、ここと決めた場所をひたすらスコップで掘りまくる会話です。

水が出るまでトコトン掘り続けるイメージです。

 

垂直展開(会話深掘り)の3種類の方向性

どのように深堀りしていけばよいのかわからない方のために、深堀り質問集というのをご紹介していきます。

 

垂直展開(深掘り)のときに使える質問方法は、下記の三つがあります。

why「なんで?」と理由をきくもの

when「いつから」と期間やきっかけをきくもの

how「どれくらい」「どんなふうに」と程度や様子をきくもの

 

1つ目のwhen「いつから」を例にあげてみます。

「(果物っていっぱいあるのに)なんでいちごがすきなの?」という質問をしたとします。

 

「味が好き」

「見た目が好き」

「可愛い」

などといった返事がくるかもしれません。

 

「甘さが好きなの?」

「見た目が好きって形が好きなの?それともサイズ感?」

「でもいちごってよくみると表面に種がぶつぶつしてね??w」

といったように、さらに掘り下げた質問をしていくことができます。

 

こういうふうに

「なんでお前はそんなにいちごすきやねんトーク」

をする中で、面白いエピソードに繋がっていく場合もよくあります。

 

次に、2つ目のwhen「いつから」を例にあげてみましょう。

「いつからいちご好きなの?」という質問をしたとします。

「小学生、幼稚園から」

「大人になってから」

「海外で食べたら凄く美味しかった」

など答えがあったとします。

 

相手が凄くいちごが好きだとしたら

「もしかして、前世から好きだったんじゃない?」

というような返しかたをしながら会話を楽しんでいくこともできます。

 

こういうときに

「ちなみに俺は生まれる前からメロンが好きw

などのギャグを踏まえた自己開示をしてもいいです。

 


3
つ目のhow「どれくらい」「どんなふうに」の例では、

「いちごどれくらい好きなの?」という質問をするとします。

どれくらい、という質問だと答える相手も考えますよね。

もし、そういった質問に相手が答えに困っているようなら選択肢を提示してあげると良いです。

次の項目でポイントを記載したので、参考にしてみてください。

 

「どんなふうに」と質問する場合の例は、

「海外旅行に行ってきた」という話をされたときに、

「へぇーどんな雰囲気だった?」

「へぇー◯◯の人ってどんな感じなの?」

「へぇーホテルどんなだった?」

などの質問の仕方があります。

 

「場所」や「人」に対する話題だと比較的「どんなふうに?」という質問がやりやすくなります。

 

「どのぐらい(how)」の質問をするときのコツ

どのぐらい?という質問をするときには、極端なことをいうのがコツです。

「いちご今すぐ100個くらい食べられる?」

「死ぬ前に食べたいものはいちご?」

「一生いちごだけでいいの?w

などオーバーな補足をしながら、会話を誘導していくのがコツです。

ほぼ否定してくるので、若干の笑いを取ることができます。

 

または、比較対象を持ってくるのも一つのコツです。

「彼氏といちごどっちとる?w

「親友といちごどっちとる?w

「両親といちごどっちとる?w」

「一億円と死ぬまでいちご食い放題どっちとる?w」

「俺といちごどっちとる?w」

などといった比較をしていくと、盛り上がりますし、相手の女性の性格も段々とわかってきます。

 

「どれぐらい」の質問の時にはこの2つのコツをもってくると、断然会話を進めやすくなります。

 

垂直展開と大袈裟なリアクション

こういった方向性のもっていき方は、後ほどご紹介するリアクションスキルの一つ「大袈裟なリアクション」をとりやすくなります。

後ほど紹介する「大袈裟なリアクション」は会話においてとても重要なポイントです。

これがないと、女性との関係を進展させるスピードがだいぶ遅くなると俺自身感じています。

大袈裟なリアクションをスムーズに引き出すために、上記での垂直展開(深堀り)スキルは、ぜひ習得してほしいものです。

まずは使ってみることから始めていきましょう。

慣れてくると自然に垂直展開を使っていくことができるようになります。

そのほうが会話が簡単に盛り上がるので楽だからです。

 

 

今日は、デート会話コントロールスキルのうち、インタビュースキルの一つである(A1)会話深掘りの技術をお話してきました。

次回の記事もおたのしみに!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【恋活婚活専門会話レッスン】

「僕が婚活パーティで一番かわいい女性に
話しかけようとしたら
 
周りの男達は笑っていた
 
しかし、僕が話し始めると・・・
 
 
 ●女性との会話は、「練習」すれば必ず上達します!
 
もしあなたがどんなに美しい女性にも
 
 自信を持って会話できるようになれば
 
・・・あなたの人生は変わりますか?」
 
 
あなたがどれほど恋愛商材などで会話ネタや会話方法を学んでも、
 
「あなたがデート現場で実際に会話する姿が最悪だったら・・・」
 
残念ながら理想の女性を口説き落とすことは、できません。
 
そこで、今回、満を持して
 
女性とのマンツーマンを会話を男性講師が指導するレッスン
 
『恋活婚活専門会話レッスン』
 
を提供することになりました。
 
この会話レッスンは、あなたが女性スタッフと喋る姿を、
 
私が横からじっくり分析&指導します。
 
会話に自信がない、
もっと会話が上手くなりたいという方は、
 
ぜひ5分ほど時間をとって、
 
下記の【緑色のボタン】をクリックして
 
恋活婚活専門会話レッスンの内容を確認してください。
 
 
 
 

恋活婚活専用会話レッスンの内容をいますぐチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*